• Home
  • コストを抑えて運用するコツは?太陽光発電のお得な使い方

コストを抑えて運用するコツは?太陽光発電のお得な使い方

設置後のメンテナンスを考慮する

地球温暖化への影響を抑えられて月々の光熱費を抑えられるなどの理由で自宅に太陽光発電を取り入れる人が増えています。太陽光発電は屋根やベランダに設置したパネルに紫外線を照射させてパワーコンディショナーで家庭用の交流に変換する仕組みです。どちらも消耗品となるため、定期的なメンテナンスをする必要があります。太陽光発電に使用する機材の耐用年数は20年弱と言われていますが、環境によっては短くなるケースも珍しくありません。特に夏場の紫外線が強い、冬場の積雪などでパネルに必要以上に負担が掛かる環境では耐用年数が短くなりがちです。設置後のメンテナンス費用が節電量を上回るという失敗例もあります。太陽光発電は購入に掛かる費用だけでなく、維持費についても考えなくてはいけません。

太陽光発電付き住宅を購入する

太陽光発電の設置に掛かる費用は地域によって異なります。太陽光発電を後押ししている自治体であれば補助金制度を利用して費用を抑えることができますが、平均で100万円前後の自費は必要です。コストを抑えて導入したいという人は予め備え付けられている住宅を購入するという方法もあります。太陽光発電が標準装備されている住宅は、販売価格に設置費用が含まれているのでコストを抑えることが可能です。導入後の定期メンテナンスも不動産会社と提携している業者が行うので通常よりも安くなります。日の当たる角度を計算してパネルの枚数や設置場所を決めているので効率良くエネルギーを蓄えられて無駄がありません。

太陽光発電の価格相場は、1kWあたり平均28万円といわれています。例えば、3kWの太陽光発電を設置したいなら、84万円程度かかります。